Silk’s 旅diary

お散歩から長距離まで、旅の色々をつれづれと。

【都内】日本橋

 

先日 まわった、都内でも ちょっとした観光気分を味わえるルートをご紹介したいと思います。

場所は お江戸、日本橋

 

日本橋

まずは日本橋

f:id:silk-diary:20200913172259j:image

この「日本橋」の文字は 徳川慶喜さんの字というのは有名な話。さすがキレイな字ですよね。

f:id:silk-diary:20200913172346j:image

そして橋越しに三越が見えます。


f:id:silk-diary:20200913172425j:image

道路にあるマンホールのようなものは「起点標識」。

これを見上げると↓

f:id:silk-diary:20200913172749j:image

首都高を走っていると、一瞬 見えると思います。

こちらが日本の道の起点。

五街道の出発点。日本地図の中心です。

 

起点標識の本当の点は 車道の ど真ん中にあるので そばには行けませんが、歩道にレプリカがあります↓


f:id:silk-diary:20200913172537j:image

f:id:silk-diary:20200913172518j:image

東京市道路元標

東京が まだ市だった頃のものですね。

f:id:silk-diary:20200913172934j:image
f:id:silk-diary:20200913172917j:image

麒麟

本当に立派。

何度も見ていますが、いつも まじまじと見たくなります。

そして真上に分厚い道路。

やはり道路に囲われていない橋の姿も見てみたいですね。


ちなみに麒麟が橋の真ん中にいて、橋の両端には獅子がいます。

f:id:silk-diary:20201017221858j:image

獅子も立派です。

獅子が手にしているのは東京のマーク。

日本橋は1603年に架けられて以来、20回ほど架け替えられていますが、現在の橋は1911年に架けられたルネサンス様式の石造アーチ橋。古いですね。第二次世界大戦時についた焼け跡も残っています。

f:id:silk-diary:20200913173117j:image

日本橋魚市場発祥の地

日本橋の北側すぐのところに「日本橋魚市場発祥の地」の記念碑があります。

幕府への献上から余ったものを江戸城下で売り始めたのがルーツで、関東大震災後、築地に移転するまでは 魚河岸といえば日本橋でした。

 

日本橋界隈は今でもお寿司屋さんや 天ぷらやさんが多いです。

f:id:silk-diary:20200913173322j:image

お昼は ずっと気になっていた「繁乃鮨」さんへ。

お店はとてもキレイで、板前さんも とても感じが良いです。

私、初めて入るお店では一番安いのを頼みがちなんですが、こちらでも寿司一人前1200円を頼んでみました。

f:id:silk-diary:20200913183714j:image
f:id:silk-diary:20200913174452j:image

ちょっと少なめですね。

「一人前 半」がある時点で「そうなのかな?」と思いましたが。

味はとても良かったです✨

次は半か上を頼もう♪

https://www.shigenozushi.tokyo/

 

繁乃鮨さんの目の前には、アートアクアリウムが。

ただ、こちらは出口のようです。

f:id:silk-diary:20200913173911j:image

これまで夏にのみ開催されていたアートアクアリウムが、2020年8月に「アートアクアリウム美術館」として常設の美術館になりました。

空いていたら 入りたかったですが、平日昼間から かなり並んでいました。

https://artaquarium.jp/

 

福徳神社

f:id:silk-diary:20201017231512j:image

徳川家康、秀忠の信仰を集めた由緒ある神社。

コレド室町界隈の再開発に併せて 新たに建てられ、都会のビルの狭間に こじんまりながら、しっとりと佇んでいます。

f:id:silk-diary:20201017231613j:image

手水舎では、お水をすくう杓がないなぁと思いながら近づくと、自動で水が流れ出しました。

なんと近代的。

f:id:silk-diary:20201017231653j:image

宝くじ当選にご利益があるパワースポットとしても知られています。

f:id:silk-diary:20201017231716j:image

左手にある白い蔵のような建物で御朱印を頂けます。2020年10月現在、御朱印はコロナ対策のため 書き置きのみ。

500円でした(都会価格ですね)。

f:id:silk-diary:20201018210337j:image


f:id:silk-diary:20201021081638j:image

f:id:silk-diary:20201021081635j:image

 

コレド室町テラスやマンダリンオリエンタル

コレド室町テラスは2019年に新しく出来て、「誠品生活」など日本初出店のお店もあり、おもしろいです。

マンダリンオリエンタルは優雅に過ごせますよ。

f:id:silk-diary:20201018213822j:image
f:id:silk-diary:20201018213800j:image

三井本館

三井本館もギリシャ神殿を思い出させる重厚感。ドラマ半沢直樹でも何回か映りました。


f:id:silk-diary:20201018214137j:image

f:id:silk-diary:20201018214158j:image

f:id:silk-diary:20200913174439j:image
f:id:silk-diary:20200913173528j:image

三越三井住友信託銀行の間に入り、建物の終わりを右折すると…

日本銀行本店

ここはヨーロッパですか?という通りがあります!
f:id:silk-diary:20200913173647j:image

f:id:silk-diary:20200913173412j:image

日銀 本店は東京駅の設計でも知られる建築家、辰野金吾が手掛けたネオ・バロック様式の重厚な石造建築。

この場所は江戸幕府が貨幣を作っていた金座にあたります。

f:id:silk-diary:20200913173305j:image

f:id:silk-diary:20200913173931j:image

いやー、なんか感激します。

ここだけなんか異世界です。

 

日銀のまわりをぐるっとまわると、こういう↓普通の壁のところもあります。
f:id:silk-diary:20200913173627j:image

f:id:silk-diary:20200913173824j:image

日銀の前は春になると桜がキレイです。
f:id:silk-diary:20200913173708j:image

貨幣博物館に行きたかったのですが、月曜日は休館でした…

 

気を取り直して三越へ。
f:id:silk-diary:20200913174516j:image

三越のライオン

f:id:silk-diary:20201018215006j:image

f:id:silk-diary:20201018215027j:image

日本橋のライオンは特に大きいですね。両脇にいるし。立派。

f:id:silk-diary:20201018215107j:image

ライオンだけじゃなくて、入口の装飾ひとつひとつが豪華で気分が上がります。
f:id:silk-diary:20200913174403j:image

三越は東京都選定歴史的建造物に指定されています。

三越は三井 高利(みつい たかとし)さんが開いた『越後屋』という呉服店が始まり。

三井+越後屋から“三越”となりました。
f:id:silk-diary:20200913174137j:image

ライオンの下に谷川俊太郎さんの詩。

 

f:id:silk-diary:20200913173451j:image

「地下鉄入口」もレトロで好き💕

 

上↑の入口から地下に入り、半蔵門線の乗り場方面に行ったほうに「熈代勝覧(きだいしょうらん)」があります。
f:id:silk-diary:20200913173337j:image

熈代勝覧

200年前の日本橋界隈の様子が克明に描かれています。
f:id:silk-diary:20200913174316j:image
f:id:silk-diary:20200913174004j:image

絵巻物の下にその人達が何をやっている人なのかの説明書きがあり、とてもおもしろいです。

 

熈代勝覧を見終え、三越前駅から銀座線に乗ります。

これで終わりじゃありません!
f:id:silk-diary:20200913174031j:image

銀座線 三越前駅

三越の負担で設置されたという銀座線 三越前駅

銀座線ホームの壁面には三越の「三」をモチーフにした赤い3本線が引かれています。

f:id:silk-diary:20201018221810j:image

そして、日本で初めて駅構内にエスカレーターが設置されました。金色のエスカレーターはここだけとか。

f:id:silk-diary:20200913173739j:image
f:id:silk-diary:20200913174048j:image

最後まで楽しめる日本橋界隈でした。

 

その他見所(私の好きなお店)

他にも見所は もちろん いーっぱいあります。

私のおすすめのお店は以下。

・榛原(はいばら)

日本橋で200年以上続く和紙舗。

私の御朱印帳も こちらで購入したものです。

f:id:silk-diary:20201018210458j:image

・榮太樓喫茶室 雪月花

http://www.eitaro.com/tearoom/setugeka.html

・寿司貞

https://sushisada.gorp.jp/

f:id:silk-diary:20201018223509j:image

ご紹介したルートは半日もあれば充分まわれると思いますが、それぞれの場所をじっくり掘り下げると もっともっと時間が必要になります。

日本橋は魅力がいっぱい✨

 

ブログを見て頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉘おすすめモデルコース

ロシアのおすすめモデルコース

f:id:silk-diary:20201020132724j:image

 

1日目

成田→モスクワ→サンクトペテルブルク

空港からホテルへ送迎車(オプション)

silk-diary.hatenablog.com

ホテル アストリア泊

 


2日目

朝食

サンクトペテルブルク市内観光

イサク聖堂、元老院広場、青銅の騎士像、旧海軍省

silk-diary.hatenablog.com

エルミタージュ美術館

silk-diary.hatenablog.com

ディナー(テプロ)

silk-diary.hatenablog.com

ホテル アストリア泊

 

 

3日目

朝食

ペテルゴフ

silk-diary.hatenablog.com

文学カフェ

↓  

ホテル

↓  バス

サンクトペテルブルク散策

カザン大聖堂、ネフスキー大通り(ドム・クニーギ)

silk-diary.hatenablog.com

観劇

silk-diary.hatenablog.com

↓  バス

ホテル アストリア泊

 

 

4日目

朝食

↓ バス

サンクトペテルブルク散策

ランチ(イジオート)

チェックアウト

↓タクシー

モスクワ駅

silk-diary.hatenablog.com

サプサン

silk-diary.hatenablog.com

ディナー(ヴァレニチナヤ No.1)

ホテルメトロポール泊

silk-diary.hatenablog.com

 

 

5日目

朝食

モスクワ観光

クレムリン(武器庫、ダイヤモンド庫、聖堂広場の建造物群)

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

赤の広場

ランチ(グム百貨店)

ワシリー寺院

silk-diary.hatenablog.com

ディナー(モスト)

silk-diary.hatenablog.com

ホテルメトロポール泊

 

6日目

朝食

モスクワ観光

地下鉄巡り、ナチュラシベリカ

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

ランチ(カフェ プーシキン

silk-diary.hatenablog.com

ホテルでタクシー乗車、空港へ

silk-diary.hatenablog.com

モスクワ→成田

 

お土産

silk-diary.hatenablog.com

 

その他もろもろ注意事項

silk-diary.hatenablog.com

 

日本で味わうロシア料理

silk-diary.hatenablog.com

 


ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉗日本で味わうロシア料理

 

私はいつも海外旅行から帰ると、日本でも 食べたい気持ちに駆られ、すぐ調べて 行く習性があります。

ロシアも例に漏れず 行ってきました!

 

ロシア料理店は 東京にも結構たくさんお店があるのですが、中でも有名なのがロゴスキー🍴

 

「日本で最初のロシア料理レストラン」を謳っています。

f:id:silk-diary:20201011000806j:image

f:id:silk-diary:20201011000835j:image

今回はランチで伺いました。

銀座5丁目のEXITMELSA(イグジットメルサ)内にあります。

http://www.rogovski.co.jp/oshokuji2.htm

f:id:silk-diary:20200325000622j:image

前菜盛り合わせ「ザクスカ」


f:id:silk-diary:20200325000703j:image

ビーツのサラダ ヴィネグレット


f:id:silk-diary:20200325000526j:image

ブリヌイ。現地は もっとクレープっぽくて、大きかったので だいぶイメージが違いますが、これも とてもおいしかったです。
f:id:silk-diary:20200325000650j:image

サーモンはブリヌイと一緒に。


f:id:silk-diary:20200325000633j:image

ピロシキ

実はロシアのレストランではあまり見かけません。カジュアルなお店にあり。

 

ボルシチは2種類用意されています。
f:id:silk-diary:20200325000556j:image

ロシア本場のボルシチウクライナ風-
f:id:silk-diary:20200325000608j:image

ロゴスキーオリジナルボルシチ -いなか風-

これは缶詰でも販売されています🥫


f:id:silk-diary:20200325000543j:image

ペリメニ。鶏ひき肉の水餃子。

 


f:id:silk-diary:20201017004315j:image

f:id:silk-diary:20201017004437j:image

きのこと鶏肉のつぼ焼き

 

f:id:silk-diary:20200325000804j:image

ラムチョップ 熟成仔羊の骨付きステーキ


f:id:silk-diary:20200325000749j:image


f:id:silk-diary:20201011000632j:image

f:id:silk-diary:20201011000643j:image

ロシアン ティー

これは日本っぽく、ジャムが中に入っていました。現地では いれないんですけどね。


f:id:silk-diary:20200325000440j:image

f:id:silk-diary:20200325000452j:image

店内の様子。

ロシアっぽいモチーフが そこかしこにあり、気分が盛り上がります✨

 

現地と少し違うものもあれば、まったく同じものもいっぱい。

味もおいしく、さすが長くやられてるだけあります(^^)

 

他にも以下のようなお店があります。

手軽に海外気分を味わえて、楽しい旅を思い出せます✨

 

・ゴドノフ東京

http://www.world-liquor-importers.co.jp/godunov/tokyo/

・スンガリ

http://www.sungari.jp/

サラファン

https://s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000613/?svd=20201017&svt=1900&svps=2&default_yoyaku_condition=1

・ろしあ亭

https://s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13004145/?svd=20201017&svt=1900&svps=2&default_yoyaku_condition=1

 

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉖もろもろ注意事項

 

ロシア旅行における その他 注意事項を書いておこうと思います。

 

外務省のホームページ


まず、旅行全般に言えることですが、私は訪問国について、外務省の「海外安全ホームページ」を確認してから行くようにしています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_178.html

 

ただ、ロシアのところ読んで「ちょっと…行くのやめたいかも」と思いました💧

地下鉄で突然 前に立っていた人に殴られた、とか…。


怖い…

怖すぎる…


出発直前になって、なんか行きたくなくなりましたが、現地の状況を少しでも理解し、気を引き締めて行くのがいいんだと思います。


こちらを見てから出かけられることをオススメします。

 

 

外出時のパスポート携行義務

 

f:id:silk-diary:20200621001357j:image

 

旅行会社からのトラベルインフォメーションにも、地球の歩き方にも、ロシア滞在中には常にパスポートを携帯するよう義務付けられていると書いてあります。

持たないで出掛けた場合、警官の職務質問にあうと拘束されたり、罰金を払わされたりすると。


義務なんだ?と思い、サンクトペテルブルク に到着時、係の人に聞いてみたら、そんなことないと思うけど、とのこと(←ちょっと いいかげん)。


結果からいうと、職質されなかったので、携帯していることを証明する機会はありませんでしたが、クレムリンに入る時などはIDを提示する必要があったりしたので、結局 毎日 携帯しました。

持ち運ぶことで スリなどの心配事も増えますが、ホテルの金庫も100%ではありませんし。

でも荷物は常に体から離さず、手やひじで挟んで押さえるようにしていました。

ただ、これは どの旅行先でも同じですね。

 

滞在登録

パスポート携行義務とあわせて、もう一つ コレは何?と思ったのが 滞在登録。

https://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/JVISANDTOURIZM/RYOJI/20161213.html?infocode=2016T145
ロシアでは外国人に対して「滞在登録」が義務づけられています。外国人をスパイと見なして監視下に置いていたソ連時代の遺物だそうで。到着通知とも呼ばれるよう。

 

ホテルに宿泊する場合はホテルが登録してくれます。その際、パスポート、ロシアビザ、出入国カードの提示が必要。

「半券」を発行するのに時間がかかり、その間 パスポートを預けっぱなしにするので、その時にパスポートなしで出かけ、職務質問されたら …と地球の歩き方に注意が載っています。もう、どんだけ罰金とるの。。。


滞在登録が完了すると 半券が渡される、と聞いていたのですが、私の場合は その場でパスポートが返却され、半券はありませんでした。

職質を受けたら、パスポートに加えて 半券も提示する必要があると聞いていたのに。

ホテルでチェックイン時、念押しするも「大丈夫よ」みたいな笑顔。


チェックイン時に滞在登録手数料を取られない場合は滞在登録されてないかもだから確認しろ、との注意事項もありましたが、私の場合はチェックアウト時に請求されましたし、モスクワのホテルでは請求すらされなかったと思います。

滞在登録に関してはナゾが深まるばかり。

こちらは本当にケースバイケースのようです。


トラベルインフォメーションにある「外国旅行者登録料」というのが 滞在登録料のことかと思いますが、そこらへんも 何が何やら…。


色々調べているうちに 職質された時に役立ちそうなフォームを見つけたので、念のため、印刷して 持ち歩きました。御守りみたいな感じでしたが。

f:id:silk-diary:20201017001911j:image

https://www.ru.emb-japan.go.jp/files/000437745.pdf


こちらの9ページの真ん中辺りにある「メモ」が、そのフォームです。

他の部分も読むことをオススメします。

 

 

洋服

旅行といえば 写真も撮るし、と 流行りの お気に入りの洋服を持っていきがちですが「現地に馴染む」洋服を着るほうがいいと思っています。

現地からしたら少し変わった服はやはり目立ちますし、観光客です、と言わんばかり。


サンクトペテルブルク到着時、迎えに来てくれた係の女性は、見た目(顔)日本人でした(実際はロシア人)。


彼女はデニムにネイビーの薄手のダウンジャケットを着ていました。

カバンも小さくて 手で押さえられるポシェットタイプ。

地味めでしたが、彼女みたいな格好すればいいかなと思い、とても参考になりました。

 

レート・両替

2019年7月のカード決済レートは だいたい1ルーブルあたり1.76円でした。

f:id:silk-diary:20201015223033j:image

成田空港での両替はキャンペーン価格で2.15円でした。


f:id:silk-diary:20201015223200j:image

f:id:silk-diary:20201015223213j:image


到着して すぐに現金が必要になることを想定して、普段から日本で いくらか現金を両替するようにしています(現地で替えたほうが、さらに現金間の両替ではなく、ATMでクレジットカードを利用したほうがレートがいいとは思うのですが、これもリスク回避のひとつ。ただ やはり もったいないので 少ししか両替しません)。

今回は成田空港で何軒か見た結果、「GPA外貨両替専門店」というところがキャンペーン中で一番レートが良かったので そちらを利用しました。


とは言え、カード決済レートとの差は歴然。

同じ100Pのものを買うのに215円払うのと176円払うのとではだいぶ違いますね。

現金しか使えなそうだったのはサンクトペテルブルクで乗ったバスの一回券と、小さなスタンドで申し込んだペテルゴフ行きの船代ぐらい。「室内」であれば 基本 カードは使えると思います。

ただし ボロそうな券売機でのカード詰まりや、スキミングのリスクがあることも。

怪しいものには近づかないことが肝要。

 

以上、なんとなく感じた、その他 注意事項でした。

 

ブログを見て頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉕お土産

 

ロシア土産の王道から、意外と良かったなというものまで ご紹介したいと思います。

 

まずはロシアといえばコレ。

 

マトリョーシカ

やっぱりたくさん売ってます。有名な職人さんのものや質が良いものは結構高いです。

今回は家族に絶対買ってくるなと言われていたので?買わなかったのですが、やっぱり思い出に買えばよかったなーと思ってます。地方によって顔、柄、色が違うので、お気に入りのマトリョーシカを探すのも楽しそう。

お人形のかわりにマグネットを買ったのですが、やっぱりかわいい。本物も買えばよかった。

キーホルダーやストラップ、ペンなど色んなマトリョーシカが売られています。

スタバのタンブラーもマトリョーシカ柄で有名。買おうかと思ったのですが、かなりいいお値段だったのでやめました。

f:id:silk-diary:20200415215058j:image

 

・ファベルジェ エッグ/イースターエッグ

これが意外とマトリョーシカと並び 売られているお土産です。

装飾した卵型の置物で、キレイです。

色んなデザインがあり迷いますよ。

こちらは中が小物入れになっています。

f:id:silk-diary:20200617212200j:image

f:id:silk-diary:20201017103239j:image

 

キャビア

世界三大珍味。 高いですけど、せっかくなので帰りの空港で買いました。

味見もさせてもらえて、ものによって結構味も違うんですよね。おいしかったです。

 

・チョコレート

ロシアの食品系のお土産だと圧倒的にチョコレートが多いです。

・アリョンカちゃんのシリーズ(Алёнка)

この子の顔は色んなところで見かけるし、色んな種類があります。

ちなみにお土産物やさんでも売っていますが、スーパーのほうが断然安く買えます。

帰りの空港でも大きめの売り場があり、最後「ヤバい、足りない」ってなったら買ったらいいと思います。

https://www.alenka.ru/

 

色んなサイズがあります。

バラマキに最適☆


f:id:silk-diary:20200616222125j:image

f:id:silk-diary:20200616222147j:image


f:id:silk-diary:20200408234241j:image


f:id:silk-diary:20200615093617j:image

f:id:silk-diary:20200615093631j:image

f:id:silk-diary:20200615093655j:image

f:id:silk-diary:20200615093646j:image



バレリーナのチョコ

これはホテルのお部屋にあって「ロシアっぽくて いい!」と思った、バレエが描かれたチョコレート。

近くのスーパーで売っていて、思わずお土産用に10個位買いました。
f:id:silk-diary:20200408234226j:image


f:id:silk-diary:20200408234254j:image

f:id:silk-diary:20200408234333j:image

 

 

ナチュラ シベリカ NATURA SIBERICA

ロシアのオーガニックコスメ、ナチュラシベリカも女子には王道ですね。

下の写真の右側がナチュラシベリカのもの。

ハンドクリーム、ボディクリーム、シャンプー、リンス、なんでもあります。

https://www.naturasiberica.ru/en/

 

写真の左と真ん中はスーパーで見つけた、キリル文字がかわいいハンドクリーム。

f:id:silk-diary:20200408234207j:image

 

エルミタージュ美術館のギフトショップ

ここは何がというか、全体的に値段が良心的で感動しました。いろんなマグネットとかメモとか、記念にとても良いと思います。

f:id:silk-diary:20201012230059j:image

 

・エリセーエフスキー

お店でいうとお土産にステキだなと思ったのはサンクトペテルブルクのエリセーエフスキー。食材店なのですが、お店自体もメルヘンチックだし、売ってるものもステキです。

http://www.kupetzeliseevs.ru/en/

 

・ペローニのハニースフレ

調べていったものの買っていないのですが、見た目もかなりかわいいハニースフレ💕

これをお土産にもらったら、女子が喜びそうですね。

f:id:silk-diary:20200616223321j:image

http://peronihoney.ru/en/gifts/

 

 

あとは買ってないけど、ロシアらしいお土産シリーズ。

 

ウォッカ

ちなみに日本ではロシアンティーというと、紅茶にジャムを入れるイメージありますが、現地ではやらないようですね。ただしジャムが添えてはあること多いです。現地の方はジャムをすくって なめながら お茶をすするスタイル。

ジャムの消費量は多そうで、結構売っています。

 

あとはチェブラーシカのグッズとか。

プーチンさんのマグカップとかも多いです。

宇宙関連も。私はカモメ、と書いてあるんであろうTシャツや絵ハガキなどもありました。

色々ステキなものがありますね。


ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉔最終日〜空港へ〜

 

ロシア観光の予定をすべて終え、ついにホテルへ戻ることに。

最終日のこれまでの様子はこちら↓

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

 

とても素敵なカフェ プーシキンを後にして

ホテルに向かいます。


残り時間を目一杯 観光したかったので、途中クレムリンのほうを もう一度 回ってから 戻ることに。

f:id:silk-diary:20201010224922j:image
f:id:silk-diary:20201009201637j:image

遠くからも赤の広場にある国立歴史博物館が見えます。
f:id:silk-diary:20201009201702j:image

クレムリンが木曜休みということは知っていたのですが、もう一度行ってみたくて向かいました。

行ってみると 赤の広場の入口であるヴァスクレセンスキー門が閉まっていて、赤の広場にすら入れません。

 

グム百貨店は無休のはずなので、赤の広場は入れるのかと思っていたのですが。


これ、モスクワ観光が木曜日しかない、って方は最悪ですね。

全然 観光できません。


それでも門のまわりには人がいっぱいいて、写真を撮ったりしています。

f:id:silk-diary:20201010231331j:image

写真の国立歴史博物館は火曜休みなので、入れるはずです。
私は名残惜しく、門越しのワシリー寺院の写真を撮ったりしました。

f:id:silk-diary:20201009201712j:image

f:id:silk-diary:20201010231343j:image

門は二重で堅固。

まぁ、中は昨日じっくり見ましたのでヨシとします。

 

本当は雀が丘のほうにも行きたかったのですが、時間が足りませんでした。

また次 来た時にはゼヒ行きたい。

 

そして いよいよホテルに到着。

あぁ、旅が終わってしまう…。


フロントに預けていた荷物を受け取って、予約していたタクシーを待ちます。


ところが・・・


予約した15時を過ぎてもタクシーが来ません。


隣の母がイライラしています…。


フロントの方に確認すると「頼んだけど 道が混んでるのでね〜」みたいな。


10分過ぎ、20分過ぎ…。

さすがに焦る。


ちなみにホテルの対応としてはサンクトペテルブルクのアストリアの方が最高だっただけに、メトロポールも悪くないんですが ちょっと お高くとまってる感じがしましたね…。


そして ようやくタクシー到着。

遅いわっ!!!


余裕はみていたものの、飛行機の時間もあるし、さすがにヤバいと思いました。


タクシーの運転手さんは流暢な英語を話す若い男性。

タクシー運転手は話せない人が多いと聞いていたので結構ビックリしました。

 

来るのは遅かったですが、着いてからはテキパキしている様子。

スマホに交通情報でしょうか?表示させて出発です🚕
f:id:silk-diary:20201009201641j:image

約1時間の長旅と聞いていたので、車窓観光も楽しみます。
f:id:silk-diary:20201009201736j:image

ロシアっぽいと思って調べたら「ホテル ソビエト」のようです。
f:id:silk-diary:20201009201709j:image

APEHAと書いて「アリーナ」ですね。
f:id:silk-diary:20201009201729j:image

一般的なアパートかな?と思いながら。
f:id:silk-diary:20201009201705j:image

ドライバーさんが、モスクワの渋滞は「クレイジー」と言っていました。
f:id:silk-diary:20201009201655j:image
f:id:silk-diary:20201009201726j:image

もうすぐ空港✈️
f:id:silk-diary:20201009201722j:image

無事 空港に到着。

支払は前もってホテルに聞いていた通り、3500P(2019年7月のカード決済レートで6,188円)でした。

空港でもマゴマゴしないように、もちろんWEBチェックインしていました。f:id:silk-diary:20201009201659j:image

追加のお土産を買ったり、お水買ったり。

そろそろ出発です。
f:id:silk-diary:20201009201645j:image

アエロフロート は制服がレトロでかわいい❤️
f:id:silk-diary:20201009201648j:image

窓際3列の1席に人が来ず、ラッキー!
f:id:silk-diary:20201009201651j:image

まん中の列もあいたまま出発です。
f:id:silk-diary:20201009201719j:image

映画は何を見ようかな。
f:id:silk-diary:20201009201632j:image

ロシアのビールを味わいながら帰ることに🍺
f:id:silk-diary:20201009201715j:image

こちらはモルス。

ロシアのベリーのジュース。

「はじめてのロシア語」に出てきて 気になっていた飲み物だったので、飲めて嬉しかった!

しかも おいしいんです✨

 

楽しかったロシアの余韻に浸りながら帰路へ。

また来ます!!

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【ロシア】㉓カフェ プーシキン〜最終日ランチ〜

 

15時までのロシア最終日を最後まで充実させようと観光中。

午前中の地下鉄巡りについては こちら↓

silk-diary.hatenablog.com

 

マヤコフスカヤ駅からNATURA SIBERICAに行って お土産ものをゲットし、さらにトヴェルスカヤ通りを散策します。

silk-diary.hatenablog.com

 


最後の目的地はモスクワで最も有名なお店のひとつ、カフェ プーシキン


f:id:silk-diary:20201009233458j:image

f:id:silk-diary:20201009233507j:image

HPより


ガイドブックには ほぼ必ず掲載されていて、地球の歩き方のモスクワのレストランのページでも 一番初めに紹介されています。

観光客にも人気ですが、味もおいしいと評判。

f:id:silk-diary:20201008213118j:image


カフェ プーシキン

Tverskoy Blvd, 26a, Moscow, ロシア 125009

https://goo.gl/maps/xwsFjT59ixBYLEiz8

f:id:silk-diary:20201007234456j:image

最寄りのプーシキンスカヤ駅を上がってすぐのプーシキン広場にはプーシキン像がありますので、こちらを見てから行くのも良さそうですね。

そこから5分もかからない場所にあります。

f:id:silk-diary:20201007234437j:image

見どころのひとつはインテリアで、とっても素敵。

f:id:silk-diary:20201007234353j:image

ウェイターさんがテーブルを片付ける姿も まるで映画のワンシーンのよう。


1階は帝政時代に薬局だった雰囲気を活かしており、2階は図書館風で よりゴージャスな雰囲気。

料金設定も1階のほうが少しカジュアルで値段が安く、2階は少し高めの設定になっています。


私はあまり時間もなかったので1階へ。

予約していませんでしたが すぐ入れました。

1階でも充分ゴージャスです。

 

ホームページから予約も出来ます。

https://cafe-pushkin.ru/en/

f:id:silk-diary:20201010223116j:image

夏はSUMMER TERRACE、«PHARMACY» HALL、«LIBRARY» HALLから選べます。

SUMMER TERRACEもステキそう!!

f:id:silk-diary:20201008214915j:image

HPより

ウェイターさんはもちろん英語が通じますし、きちんとした教育を受けているなと感じます。

サラダを持ってきてくれて「サラダの写真とる?」と取り分けずに じっと待ってくれたり(日本人が食べ物の写真を撮るのを理解してくれている感じ)皆さん、とっても感じがいいです。

f:id:silk-diary:20201007234344j:image

取分け前(やはりキレイ。ウェイターさんに感謝✨)790P

f:id:silk-diary:20201007234241j:image

取分け後(まあまあw)
f:id:silk-diary:20201007234301j:image

店内は厳かな雰囲気。暗いので、ステキな感じが映りきっていないですが。
f:id:silk-diary:20201007234325j:image

↑ここが薬局の名残のようになっていてステキなんです。

f:id:silk-diary:20201008214838j:image

↑HPより


f:id:silk-diary:20201008212511j:image

f:id:silk-diary:20201008212457j:image

スープというか、キノコの壺焼きのような。クリーム煮。いれものは硬くて食べられませんでした(^^;) 620P

f:id:silk-diary:20201007234251j:image

ボルシチ(こちらは珍しいりんご入りなんです!)680P


f:id:silk-diary:20201008213409j:image

f:id:silk-diary:20201008213421j:image


ビールも飲んで トータル2,540P(2019年7月のレートで4,491円)

平日はビジネスランチもあってリーズナブルに食事が出来るようです(840P〜)。


f:id:silk-diary:20201008215320j:image

f:id:silk-diary:20201008215326j:image

HPより

 

この雰囲気で なんと1階は24時間営業!で、モーニングもステキみたいなので、また行きたいなと思っています。
f:id:silk-diary:20201007234447j:image

真ん中のピンクっぽい壁がカフェプーシキンの建物。

 

さて、そろそろホテルへ戻ります。
f:id:silk-diary:20201007234232j:image
f:id:silk-diary:20201007234333j:image

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村