Silk’s 旅diary

お散歩から長距離まで、旅の色々をつれづれと。

【大阪・奈良の旅】③天極堂

さて、平城遷都1300年祭をあとにし、お昼ごはんに向かいます。

(大阪と平城遷都1300年祭についてはこちら↓) 

silk-diary.hatenablog.com

 

silk-diary.hatenablog.com

 


旅に出たら必ず その土地の名産品は食べたいですよね。

私は絶対にそうします。

海外旅行に お味噌汁とか お煎餅とか絶対持っていかないタイプ。


で、奈良で食べたいものって何?って考えたんですけど…

ちょっと難しいんですよね。

あまり思い浮かばない。

京都だったら アレもコレも、ってスケジュール的に食べきれないよ〜ってなるんですけど。

奈良っていうと…奈良漬け?みたいな。

パッと思いつかないんですよね。

調べると やはり昔は「奈良に うまいものなし」とか言われちゃったりしていたようで…。


そんななか、今回 行ったのは「天極堂」奈良本店。

https://www.kudzu.co.jp/

f:id:silk-diary:20210725143335j:image


葛の有名店です。

奈良といえば「葛」が有名。


葛といえば、葛もちや葛きり、葛湯などが有名ですが、こちらでは麺に葛が練り込まれた「葛うどん」や吉野本葛だけで焼き上げたグルテンフリーの「くずの子ロール」など、様々な葛製品を楽しむことが出来ます。

 


ランチなので葛うどんをオーダー。

普通のうどんより つるつるとなめらかで、葛でとろみをつけた たっぷりの葛あんがとっても優しく、おいしかったです☆


店内に吉野本葛の作り方が掲示されているのですが、とても手間がかかるんですよね。

感謝していただきたいと思います。

f:id:silk-diary:20210725143731j:image


こちらの店舗に行く時間がない方も 天極堂さんは有名店ですので、JR奈良駅店や近鉄奈良駅店、近鉄百貨店奈良店などがあります。

もちろんネットでもお取り寄せ可能。


f:id:silk-diary:20210725143621j:image
f:id:silk-diary:20210725143625j:image

 

葛以外には大和野菜(半白きゅうりや香りごぼうなど)や鮎も奈良グルメと言われています。

f:id:silk-diary:20210725150145j:image

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【大阪・奈良の旅】② 平城遷都1300年祭

 

せんとくんに会いたい!と計画した この旅。

ついにメインの「平城遷都1300年祭」に向かいます。


「なんと(710)見事な平城京」で覚えたアレです。

(ちなみに私はなぜか「納豆売りの平城京」と覚えさせられましたが。
    納豆と平城京の関連性がナゾなので、こういう語呂合わせはダメですね。)


「1310年祭」とかはやらないでしょうから、次やるとしたら「1400年祭」ですもんね。

2110年なんて絶対 生きてませんから、行かなきゃと思いました。


メイン会場の平城宮跡では、平城京歴史館、遣唐使船復原展示、平城京なりきり体験、古代行事「衛士(えじ)隊の再現」、平城宮跡ガイドツアーなどがあります。

f:id:silk-diary:20210606100304j:image


都ですからね、かなり広かったです。
お天気も良かったから 11月だったけど暑かった~。

朱雀門大極殿も復元され、衛士隊の再現なども興味深かったです。

f:id:silk-diary:20210606101129j:image

 

↓こんなプリクラも撮れたりして! いい思い出✨

f:id:silk-diary:20210523144113j:image

(実物はちゃんと顔写ってます)

 

お土産コーナーでは色んな せんとくんグッズが。

これも厳選して購入した せんとくんシャーペン。


f:id:silk-diary:20210520220905j:image

f:id:silk-diary:20210520220910j:image

職場のペン立てに ずっと鎮座してます。(顔が薄汚れちゃいましたね…)

しょうゆうことペンと並び、お気に入りの一品。
(しょうゆうことペンについては以下記事参照w) 

silk-diary.hatenablog.com

 

メモ帳もGet。


f:id:silk-diary:20210606101704j:image

f:id:silk-diary:20210606101707j:image


f:id:silk-diary:20210606095844j:image

 

100年に一度のイベントですしね。

広々とした平城京跡に身を置いたら、1300年前の歴史に想いを馳せることが出来ました。

時間の関係もあり サラッとしか見れませんでしたが、行けてよかったなと思ってます。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【大阪・奈良の旅】①大阪

旅行ブログとして書き始めたのに、コロナで一切 旅行ができていない💦

なので、かなり古いけど 以前 行った旅行の話をしたいと思います。

ずいぶん前に行った 大阪・奈良の旅。

確認したら10年も前!

早く また気軽に行けるようになるといいな、と心から思います。


この時は せんとくんに会い行く(平城遷都1300年祭)ついでに新喜劇も見たいって話で盛り上がり 計画した旅。

これが私の「初☆大阪」だったので、ベタなコースをまわっています。


金曜日に休暇を取り、ちょっと遅めの出発。

大阪でランチするスケジュールで出発しました。

友人と大阪で待ち合わせて、鶴橋風月へ。お好み焼きの人気店です。

f:id:silk-diary:20210516212613j:imageHPより
https://fugetsu.jp/

 

店名にある鶴橋駅まで行ってみました。

鶴橋には焼肉とか他にも食べたいものがいっぱい! また改めて行きたいですね。

f:id:silk-diary:20210518232642j:image

昼食後は 初☆大阪なので、大阪城に ご挨拶。

思ってたより大きい!

豊国神社にも お参り。戦国時代にまで想いを馳せ、感慨深い。

大阪城公園内、見ようと思ったら かなり時間かかりそうですね。

f:id:silk-diary:20210518232757j:image

https://www.osakacastlepark.jp/?lang=ja

 

あまり時間の余裕も無い旅なので 次へ。
次は新世界エリア。

 

バリバリの観光客なので、通天閣に登って もちろん ビリケンさんの足をカキカキ🦶

商売繁盛や恋愛成就のご利益があるとか。

通天閣の建物も面白いです。

https://www.tsutenkaku.co.jp/

エリア毎に町の雰囲気も ちょっと違います。


次は心斎橋まで行き、アメ村経由 道頓堀へ。

私が道頓堀だと思ってたのは戎橋なのか〜とか、戎橋って意外と小さな橋なんだな〜とか、テレビで見るグリコだ〜とか、かに道楽だ〜とか。

感動ポイントが多いですね✨

f:id:silk-diary:20210519211725j:image

付き合ってくれた友よ、ありがとう✨


18:30開演のNGKの前に「だるま」で腹ごしらえ。串カツです!

二度付け禁止ってやつね〜、と盛り上がります。ソースがどうしても足りない場合はキャベツですくうとか。

コロナ禍の現在は このソースとか…どうしてるんでしょうね。気になります。

https://www.kushikatu-daruma.com/sp/

 

さて、メインイベントのなんばグランド花月NGKです!

f:id:silk-diary:20210516172752j:image

面白かった〜! 漫才プラス新喜劇。

f:id:silk-diary:20210516172755j:image

10年も経つと、残って活躍してる人もいるけど、今は何してるのかなって人もいますね…。

パンクブーブーとかも ちょっと若い。

 

実際の公演も もちろん楽しいんですが、NGKは お土産コーナーもまた楽しいんですよね!

 

自分へのお土産は中でも厳選した「特選ギャグ しょうゆうこと」ペン。

いまだに職場のペン立てに大事に立てています。


f:id:silk-diary:20210519213817j:image

f:id:silk-diary:20210519213820j:image

仕事でイライラしてる時とか なごむ。

たまに見ては フッ、てなります。


f:id:silk-diary:20210519213837j:image

f:id:silk-diary:20210519213841j:image

10年も経ったからか、中のお醤油が減っちゃったんですよねー。水分が蒸発してるのか。濃くなってるみたいで。

無くなったら また買いに行こう。って、まだ売ってるかなー。

 

https://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

↑ なんか今 見てたら、公演は軒並み中止になっていますね。寂しい😞

早く元に戻ってほしいですね。

 

さて、一日きりですが ベタな大阪を満喫。

明日 朝イチから奈良を楽しむため、夜のうちに電車で奈良に移動です。

平城京をエンジョイするため、早めに就寝。

続きはまた。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【コロナ】コロナ禍に始めてみたこと ぬか漬け

そろそろ コロナからも解放されますかねぇ。

まだですかね〜…

 

ステイホームが始まってから 家で「ぬか漬け」を楽しむ人が増えたとか。


健康志向とか 発酵食品ブームってのもあるけど、新型コロナに打ち勝つために免疫力を高めたり、単に家飲みが増えて、ちょっとした おつまみのために良い!ということみたい。


しかも 知らなかったんですけど、今 気軽に出来る「ぬか漬けグッズ」が たくさん出ていて、家で ぬか漬けを楽しむ女性「ぬか女」が増えているとか。

 

妖怪か😅

 

ぬか漬けブームのきっかけの1つになったのが 無印良品の「発酵ぬかどこ」1kgで890円(税込)。

f:id:silk-diary:20210320160741j:image

この発酵ぬかどこ、チャック付袋なので ぬか漬け用の容器不要で すぐに始められる上、毎日かき混ぜる必要もないんです(一週間に一回でいいんですって!)。

あらかじめ発酵させてあり、普通なら最初に行う「捨て漬け」も不要、買った その日からぬか漬けを始められます!

しかも袋だから、冷蔵庫の中で形を変えて保管できるのもいい!(横にしたり、隙間にいれたり。ぬか漬けの大きな容器は やはり場所を取りますよね。)

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/S3000601


私が試したのは テレビで見た「ぬかチューブ」!

f:id:silk-diary:20210228185811j:image

テレビで見た時に あまりにお手軽そうだったので、近所のスーパーで見つけた瞬間、即買い!

 

使い方は…

f:id:silk-diary:20210320094730j:image

〜きゅうりのぬか漬けの場合〜

①きゅうり100g(約1本分)をよく洗い、両端のヘタを切り落とします。ラップの上に きゅうりと本品約12cm×2本分(25g) を搾り出します。


②ラップで包み、ぬかがきゅうり全体を覆うように広げてください。冷蔵庫で一晩ほど漬けたらできあがり。水洗いをしてお召し上がりください。

 

以上!

簡単!

 

漬け時間は8~32時間を目安にお好みで調整。

ポリ袋でも漬けられます。

https://www.kohseifoods.co.jp/products/nuka-tube/


おすすめ食材は「うずらのゆで卵」と「ミニトマト」とのこと。

それ絶対おいしいでしょ✨

 

ということで早速やってみました。

 

きゅうりは やっぱり外せないですね。

f:id:silk-diary:20210228185838j:image

12cmは こんなもん。

iPhoneで測ったけど、この機能、好き💕

すごい便利ですよね。

12cmは伸ばすと うっすら きゅうりが透けて見える感じです。

 

そして オススメ食材のうずらの卵!

絶対おいしいー🥚

f:id:silk-diary:20210228185830j:image

うずらって小さいから、面倒なイメージありますね。

でも やってみたら結構簡単でした。

 

🥚まずはゆで方。

1. うずらの卵を鍋に入れ、ひたひたの水を入れる

2. 火にかけ、箸で卵を転がしながら加熱し、沸騰後 さらに2分間加熱

3. 火を止めて、2分間放置

4. 冷水にさらして、完全に冷めれば完成

 


🥚うずらの卵の簡単なむき方はこちら!


1. ゆであがったうずらの卵を、密閉容器に入れる

2. 上下に20回程度ふる(衝撃でうずらの卵の表面にヒビが入る)

f:id:silk-diary:20210228185744j:image

3. 2を水にさらす(殻と卵の間に水が入る)

4. うずら卵の丸みがある方からむき始め、卵殻膜が切れないようにらせん状にむくf:id:silk-diary:20210228185753j:image

キレイにむけました〜!


f:id:silk-diary:20210228185815j:image

オススメのプチトマトも一緒に。

きゅうりと同じようにヌカを伸ばしてと…

ラップでくるんで完成です!

f:id:silk-diary:20210228185820j:image

簡単!!

 

冷蔵庫へ投入!

 

はぁー、楽しみ(^^)♪

 

 

そして翌朝。

触ると もう きゅうりが柔らかくなってる!

不思議だな〜。

 

お昼どき、満を持して登場✨
f:id:silk-diary:20210228185803j:image
f:id:silk-diary:20210228185826j:image

キレイに出来てますー✨

 

おー!!

しかも きゅうりは しっかりパリパリ感が残ってる!

うずらは ちょっとしょっぱいかな。

プチトマトは逆につかってる?ってぐらい。


ものによって違いがありますね。

つけるヌカは本当少しでいいんだなーと学びました。

でもヌカとの融合と化学反応?がなんとも面白い!

ハマりそうです(^^)

 

他にも、私の大好きなKALDIでも取扱いがあります。

 

ラップで包んでカンタンぬか漬け

熟成ぬか漬けの素

f:id:silk-diary:20210320160758j:image

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4570018721113

 

色々出てますねー。

手軽だし、また試してみたいと思います♪

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【都内・日比谷】③日比谷公園周辺

 

Café&Meal  MUJI で朝ご飯を楽しんだ後、日比谷周辺の散策に出かけます。

 

前日 到着した際の夜景。

ミッドタウン、日比谷シャンテ周辺はキレイですね。

とても静かで いい雰囲気でした。

f:id:silk-diary:20210224081557j:image

翌朝↓
f:id:silk-diary:20210224081103j:image
f:id:silk-diary:20210224081445j:image

日比谷シャンテを右手、ミッドタウンを左手に歩いていくと、小さめサイズながら立派なゴジラがいますよ!

f:id:silk-diary:20210224081520j:image
f:id:silk-diary:20210224081437j:image

f:id:silk-diary:20210224222533j:image

私、コレ見るとちょっとアガります⤴️

なぜだかw

でも かなり小さいので、見たことない方は期待しないで見てくださいね。でも小さいながら迫力ありますよね。

f:id:silk-diary:20210224081432j:image

ミッドタウン沿いに左へ曲がります。

ここら辺は街頭インタビューとかで たまに映りますね。

 

大きな通りにあたりますが、これは日比谷通り。

f:id:silk-diary:20210224081130j:image

f:id:silk-diary:20210224081116j:image

帝国ホテルのところの横断歩道を渡ると、渡った先の日比谷公園に日比谷花壇があります。

f:id:silk-diary:20210304230523j:image
日比谷花壇 日比谷公園店は、戦後復興計画の一環として「市民の憩いの場である公園に、海外の例に習ってフラワーショップを」と当時の東京都知事より要請を受けて出店したのが始まりだそうです。

https://www.hibiyakadan.com/shop/

f:id:silk-diary:20210306154230j:image


さて、公園沿いに皇居方面へ歩いてみます。

日比谷公園明治36年(1903年)開園ですと。

すごいですねー。

f:id:silk-diary:20210224081121j:image

f:id:silk-diary:20210224081350j:image

こんな所もあります。さすがですね。
f:id:silk-diary:20210224081109j:image

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html


日比谷公園オクトーバーフェストなんかも有名です。


幕末までは松平肥前守などの屋敷地、明治時代に陸軍練兵場となり、その後 都市の公園として造成された日本初の洋風近代式公園。

音楽堂があったり、松本楼があったり。


http://www.matsumotoro.co.jp/


座ってボーッとするだけでも良さそう。

まさに都会のオアシスです。


f:id:silk-diary:20210224081530j:image


f:id:silk-diary:20210224081509j:image
f:id:silk-diary:20210224081354j:image

隣はすぐ 皇居のお堀。

皇居も たまに入ると非日常感あるのでオススメです。

f:id:silk-diary:20210224081441j:image


f:id:silk-diary:20210224081406j:image

そこから右に曲がると銀座方面。

↑この特徴的な建物はホテル、ザ・ペニンシュラ東京です。

中もステキですよ✨

https://www.peninsula.com/ja/tokyo/5-star-luxury-hotel-ginza

 

f:id:silk-diary:20210304230238j:image
銀座の手前、丸の内仲通りは大好きな通り。f:id:silk-diary:20210224081402j:image
街路樹も美しいですし、ブランドの路面店、商業施設、由緒あるビルなどが立ち並んでいます。イルミネーションの季節もキレイでおすすめ。
f:id:silk-diary:20210224081342j:image
f:id:silk-diary:20210224081515j:image

ここからはもう日比谷ではなく、丸の内、有楽町エリア。

なので ランチの話などは また別途👋

f:id:silk-diary:20210224081449j:image

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【都内・日比谷】② Café&Meal MUJI 日比谷

 

「Café&Meal  MUJI 日比谷」はホテル「レム日比谷」建物内にあって、朝食付きプランの場合、こちらでいただけます。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/hibiya/restaurants/muji

f:id:silk-diary:20210221011209j:image


MUJIだからハズレはないだろうなとは思っていましたが、今回のレム日比谷の宿泊で ぶっちゃけ このカフェが一番良かったというか、とても好きな時間を過ごせた気がします✨

 

レム日比谷については こちら↓

silk-diary.hatenablog.com

 

f:id:silk-diary:20210219202817j:image

レム日比谷内2階にあって、宿泊客以外も利用可能。

f:id:silk-diary:20210221011239j:image
朝食付きプランの場合はチェックイン時にフロントで朝食券をもらえます。

なしのプランでも当日食べたくなれば、フロントで朝食券を購入することが出来るようです。


メニューは以下↓

・和の朝食

・洋の朝食

・フレンチトーストセット

・ベジタブルセット(大きなサラダボウルがメイン)


値段は現在 宿泊者が1,330円、一般が1,500円。

時間は7:00~11:00 (ラストオーダー 10:30)。


私は と〜っても悩みましたが、洋の朝食にしてみました🍳

洋もパンかゴハンを選べます。軽くグルテンフリーを目指しかけているのでゴハンにしてみましたが パンのほうが合いそうですね、やっぱり。

他のメニューもおいしそう!

f:id:silk-diary:20210221011339j:image

スクランブルエッグにソーセージ。リンゴのサラダにヨーグルト。

朝からたっぷり栄養をチャージ✨

 

今度 朝食だけ食べに来ようかな😊


平日ということもあり 店内はすいていて、落ち着きます。

窓は大きなガラス張りで 店内は明るく、フランス映画のようなBGMが流れています。シアタークリエのビルにあるからですかね。日比谷シャンテのお隣だからですかね。映画の街って感じが出ていて、とてもリフレッシュします。心地良い空間。


f:id:silk-diary:20210218232015j:image

f:id:silk-diary:20210218232020j:image


窓の外は朝の澄んだ空気と出勤する人の歩く姿。

穏やかな時間が流れます。

目の前が東京宝塚劇場

 

ストローも紙製だったり、スプーンも木製だったり、環境にも配慮が伺えます。


従来はビュッフェ形式だったようですが、コロナ禍でトレーでお渡しに変わったよう。

でも私はビュッフェより落ち着いていていいと思います。


朝から心地良く、栄養面に優れたお料理をいただけます。

元気をチャージして散歩にお出かけです♪


Cafè & Meal MUJI

レム日比谷2階

TEL:03-5501-1510

https://www.muji.com/jp/ja/shop/detail/045183



ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【都内・日比谷】①レム日比谷

 

コロナ禍に取らなければいけない会社の休暇。

一泊だけ都内のホテルに泊まってみることにしました。

都内に住んでいると そんな機会 滅多にありませんし。


時節柄、友達を誘うわけにもいかないので、一人で気になっていた所に行ってみることに。

一人だから超高級ホテルはもったいないし、ということで…


選んだのは『レム日比谷』✨


「もっとよい眠りを」の思いをコンセプトにした阪急阪神第一ホテルグループのホテルです。

f:id:silk-diary:20210214223711j:image(HPより)


客室ではなく"寝室"。

自分の部屋のようにおくつろぎ下さい、とおっしゃるではありませんか。レムというぐらいだから、ぐっすり眠れるのでしょう。

出来た頃から気になっていたので、楽しみ!

胸が高鳴ります✨

 


ホームページによると お部屋はシンプルながら、良い眠りのための こだわりが詰まっているとのこと。

ベッドはオリジナルで「通常の倍の数のスプリングを使った超高密度構造。場所によって3箇所 硬さを変えているため、身体のラインに沿って包み込まれるような寝心地を体感いただける」そうです!


レインシャワー、マッサージチェアを完備、アメニティグッズや香りにいたるまで眠りにこだわっています。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/hibiya

 

 

場所は日比谷シャンテの新橋・帝国ホテル側。

最寄りは日比谷駅。銀座や有楽町駅からも歩ける距離なので、場所は かなり便利!

お隣は東京宝塚劇場です。

f:id:silk-diary:20210215002437j:image

 

ガラス張りの小さめの入口を入ると自販機(ホテルのグッズ)があり、1Fには特に何もなく、2Fに上がるとカウンターがあります(階段とエレベーターあり)。


f:id:silk-diary:20210215000842j:image

f:id:silk-diary:20210215001020j:image

f:id:silk-diary:20210215000847j:image
(↑いきなり自販機なので、ちょっと安っぽさは否めないかな。)

 

受付の方は とっても感じが良い!

スムーズだし、対応 バッチリです✨

f:id:silk-diary:20210216081304j:image


エレベーターはカードキーがないと客室階に行けないタイプで安心。

しかも今回はレディースルームをご用意いただけました💃

 

備品・設備

f:id:silk-diary:20210215000951j:image

ウワサのベッド🛌✨ たしかに詰まってる感じ。

あと、洋風の浴衣というか、浴衣のようなパジャマが とっても着やすくて気に入りました!


f:id:silk-diary:20210215001002j:image

窓際にマッサージチェア

圧は ちょい強め。清潔感あり。


f:id:silk-diary:20210215000947j:image

水回りもコンパクトながら 不足はナシ。清潔感もあります。

シャワーブースはガラス張り。

レインシャワー推しみたいですが、冬だし 私としてはバスタブがあったほうが嬉しかったかな。

 

ドライヤーは若干型が古そうだったけど、ionが出るタイプだし、クルクルドライヤーもある(←古い?)。コテも借りられるらしいです。

手厚いですね!!


f:id:silk-diary:20210215001011j:image

小さなデスクの上に必要なものがいっぱい!

丸いのは空気清浄器。好きなアロマを入れられるようになっています。色々準備して頂いている感じが伝わってきます。

はじめ 見つけられなかったのですが、スマホの充電器もあり(マルチタイプ。黒いケースの中)助かりました。

f:id:silk-diary:20210215002731j:image

f:id:silk-diary:20210216081935j:image

↑この はちみつ紅茶、お湯いれるだけなのにすごく甘くなってビックリします!


f:id:silk-diary:20210215000942j:image

コンパクトめのテレビ📺

普通の地上波に加え、宝塚チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」が常に見られます! さすが、宝塚劇場のお隣なだけあります。

地方から宝塚を観に来られる方にはかなりオススメできると思います。

f:id:silk-diary:20210215001842j:image


f:id:silk-diary:20210215000938j:image

すごく たくさんあるハンガー。

スリッパも備え付けられていてよかった✨

 

f:id:silk-diary:20210210000548j:image


f:id:silk-diary:20210216081731j:image

f:id:silk-diary:20210216081727j:image

カーテンを開けると目の前が帝国ホテルではないですか!(正確にはインペリアルプラザ、帝国ホテルプラザ。ブランドショップ等が並んでいる所。)

立地 良過ぎでしょう。

期待がふくらみます!

 

軽く飲みながらテレビ見たり、マッサージしたり。宝塚ファンなら宝塚見放題です。

 

ここで一つ問題が。

 

素晴らしい立地です。色んな駅に近くて。

で、線路にも めちゃくちゃ近いです。

なので 電車のガタンゴトンが…めちゃくちゃ聞こえてきます…。

f:id:silk-diary:20210216081454j:image

まぁ、電車には終電がありますから、夜中ずっとではないのですが。

でも早く寝たい場合もありますしね。よい眠りを売るには ちょっと線路 近過ぎかな…と。

 

まぁでも寝られます。問題なく。

たまには こういうのも楽しいですね!

 

朝食については こちらで↓

silk-diary.hatenablog.com

 

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

このブログは「はてなブログ」で運営しています。よろしければ応援&読者登録をお願い致します♬

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村